Viering, Jentschura & Partner

製造物責任法および製品安全法

製品安全法は,ますます複雑化する技術によって形作られる環境において,消費者が欠陥商品による損害から守られることを保証するものです。多数の基準と技術仕様書を順守すれば,最大限の安全が保障されますが,そのためには包括的な法的および技術的ノウハウが必要となります。また,製品安全法を,不正競争防止法を介して競合企業への対抗手段として用いることも可能です。すべての企業は競合他社による安全でない製品の販売を防ぐことができます。

 

専門知識

VJPは製品デザインの問題点について予防的に助言を行い,また,訴訟手続において,あるいは製品安全の関係官庁に対して、クライアントの代理人となります。さらに,競合他社の製品安全法に対する違反行為についての訴訟において,クライアントをサポートします。技術的および法的な専門知識を組み合わせることによって,VJPは製品の安全に関する問題に一体的に対処することができます。