東南アジアの鼓動にVJP

シンガポール弁理士事務所であり東南アジアの中心にある知的財産権保護へのゲートウェイであるViering, Jentschura & Partner LLPへようこそ。

VJPは東南アジア経済の加速を見守るだけでなく,積極的な参加者であり促進者でもあります。1997年にシンガポールオフィスを開設して以来,私たちはこの地域がイノベーションと商業の活気あるハブへと変貌を遂げる最前線に立ってまいりました。私たちの使命は明確です。それは、急速な成長と絶え間ない変化で繁栄するこの地域において、卓越した知的財産権に関するアドバイスを提供することです。

どうしてシンガポール?

シンガポールは私たちの単なる拠点ではありません。アジアの金融、貿易、法的環境の戦略的中核です。卓越したインフラ、政治的安定、先進的ガバナンスで知られるシンガポールは、世界の中で知的財産大国として認知されることを目指し、その野心を加速させています。

私たちの競争力

アジアにおける先駆者的な存在であるVJPは、世界の中で重要なマーケットの一つにおいて極めて貴重な洞察力と大きなアドバンテージをもたらします。国際色豊かな弁理士グループは豊富な専門知識をもち、特許、商標、意匠を含むシンガポール知的財産(IP)実務のニュアンスを深く理解しています。このような専門知識とグローバルな視点を併せ持つことで、多様なクライアントのために複雑な知的財産法をナビゲートするユニークな存在となることができます。

 

持続可能なイノベーションに適したエコシステムで一歩先を行く

持続可能でイノベーションに適した環境を育成するというシンガポールのコミットメントは明らかです。知的財産権関連出願の増加は、創造性を育て知的成果物を守るというシンガポールの献身を物語っています。VJPでは最新テクノロジーによるIPツールを取り入れ、可能な限り効率的かつ効果的なサービスを提供しています。特許審査ハイウェイ(PPH)のようなプログラムへの参加を含む私たちの協力的な取り組みにより、審査プロセスを迅速化し、クライアントのため高い特許付与率を達成することができます。

私たちの約束

VJPは、それぞれのクライアントに向け、ビジネスゴールをサポートし、イノベーションを守るため個々のソリューションをお届けします。確かな実績と情熱で、私たちは東南アジアをはじめ、進化し続けるIP状況をナビゲートする信頼できるパートナーです。自信を持って未来を受け入れよう。

あなたの知的財産権がプライオリティであるViering, Jentschura & Partner LLPとともに。

 

VJP LLP Privacy Statement for Singapore (PDPA)

 

VJP LLP Privacy Statement for EU (GDPR)